女性

パンパンボディーからの脱却|むくみを解消する方法

  1. ホーム
  2. 食前か食間に服用する

食前か食間に服用する

漢方

他の薬と一緒に飲まない

更年期障害の諸症状を改善するために、漢方薬を飲む人が増えています。市販の更年期の薬よりも副作用の心配がなく、サプリよりも短期間で効果を感じられ、薬とサプリの良い部分を併せ持っているからだといえるでしょう。漢方薬は、血液の循環を良くしたり、体の熱や炎症を取り除いたりして、症状の改善を図ります。更年期障害を改善するために漢方薬を飲むときには、効率的に効果を引き出すための飲み方があります。まず、飲むタイミングは、食前もしくは食間です。普通の薬の場合は、胃に物を入れてから服用するのが普通ですが、漢方は食事の成分によって効果が阻害される可能性があるため、胃に物が入っていない状態で服用するのがマストです。次に、漢方の薬の効果を体内にとどめるために、1日に2回から3回に分けて服用することです。3度の食事の前に飲んだり、朝食と昼食の間や昼食と夕食の間に飲むなど、自分に合ったタイミングで飲みましょう。また、ジュースや牛乳などで服用せず、水や白湯などで飲むことも大切です。そして最後に、他の薬と一緒に飲まないことです。漢方には多くの生薬が配合されており、それぞれの成分が絶妙なバランスを保っています。他の薬と一緒に飲むと、生薬のバランスを崩したり、効果を阻害する可能性もあるので、併用する場合は、薬剤師や医師に相談してからにしましょう。このようなことに注意して服用すると、漢方本来の力を最大限に活かすことができます。正しく服用して、更年期の辛い症状を改善させましょう。