サプリメント

パンパンボディーからの脱却|むくみを解消する方法

食前か食間に服用する

漢方

更年期の諸症状を改善するための、効率的な漢方薬の飲み方は、食前もしくは食間に服用すること、1日に2回から3回に分けて飲むこと、他の薬と一緒に服用しないことの3つです。きちんと改善させるためにも、正しい方法で服用しましょう。

むくみの原因と対処方法

脚

むくみの原因を考えよう

むくみと無縁な人はあまりいないでしょう。それほど多くの人が経験しています。夕方の足の張りなどは経験されている人が多い、代表的なものです。しかし、人によっては寝起きの顔、手、指など、様々な部位に症状が現れます。むくみとは、血管から出た水分が皮下組織にたまった症状と定義されるのが一般的です。とは言っても、この原因は多様で一概には言えません。多くは体質や生活習慣などと言われますが、重大な病気によるものといった場合もありますから注意が必要です。つまり、むくみには、一時的な体質や生活などにより、時間がたつと解消されるものと、病気により解消されないものに分類されます。一時的なむくみは、経験的に解消されることが分かっていますので、あまり気にしないという人が多いです。この原因は同じ姿勢で長時間いることなどにより、重力でどうしても身体の一定の部分に血液が溜まることです。具体的には、長時間立っている、ディスクワークの座り仕事が続くなどです。こうした姿勢では、重力で足に血液が溜まり、血管から皮下組織に水分が出され、むくみとなります。これらの解消法は寝ることです。寝ることで、たまった血液が全身に戻り、翌朝にはむくみがとれます。しかし、酒の飲みすぎや運動不足などで慢性化する場合もありますので、放置できない症状だといえます。むくみは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、ビタミンB群の摂取で解消されることもあります。バランスの良い食事を心掛けることでむくみ解消に繋がりますが、食事だけで栄養バランスを整えることは容易ではありません。サプリメントなどの手軽に補給できるアイテムを利用して、常にむくみに対する対策をしましょう。ミネラルやビタミンはむくみだけでなく、美容にも効果があるので女性におすすめです。